友人二人がでっかい黒人に囲まれて詐欺被害にあったお話~アメリカ旅行記番外編~

こんにちは、ごっちゃんです!

今回はアメリカ旅行記番外編ということで、

「友人二人がごっつい黒人に囲まれてお金をむしり取られたお話」

をします。

場所はロサンゼルスハリウッド

あれは、Arlissも終わってこれからアメリカを楽しむぞ!

と息巻いて向かった最初の地、「ロサンゼルスハリウッド」で起きました。

電車を降りて意気揚々とハリウッド俳優の手形が飾られている「チャイニーズシアター」に向かう私たち、

404 Not Found

その時メンバーの一人A君が私たちにこういったのです。

「ハリウッドでは観光客を狙った詐欺事件が頻発しているらしいから気を付けて」

なるほど、さすがアメリカ、そういうこともあるのか。

がしかし、私はまあまあまあ、なんとかなるやろと楽観的に構えていました。

歩いていると突然目の前に黒人の手が

とりあえず目的地に向かって全員ですたこらと向かう私たち。

あれはもうチャイニーズシアターの入り口真ん前でした。

突然黒人の手が目の前に。

私はこれはやばいと天性の勘で察知し完全スルーを決め込む。

他のメンバーも同様にスルーを決め込んでいく。

がしかし、手がA君の目の前に、するとA君が思いっきり握手をしてしまったのです。

握手後にサイン入りCDをもらうA君だったが、、、

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0283_censored-1.jpg
絡まれるA君(真ん中左がA君、右が黒人)

その場のノリで握手をしたA君に対して黒人が畳みかける。

「無料で僕たちのCDを君にあげるよ、これにサインしても良いかい?」

これに対しA君は快諾。

そしてCDを黒人からA君は受け取るのですが、ここで黒人の態度が豹変。

「サイン書いたんだからチップで20ドルくれよ」

やられました。これこそまさにA君が最初に私たちに忠告した観光客を狙う詐欺だったのです。

そしてA君は、体格も自分より圧倒的に大きく、かつ仲間もいる黒人になすすべもなく20ドルを取られました。

さらに黒人は続けるのです。

「もうちょっとくれねえ?」

ここは断固拒否したA君。

すると黒人たちはあっさりとあきらめて帰るかと思いきや、

実はもう一人黒人に捕まっているメンバーB君がいたのです。。。

B君からお金をせびり始める

実はA君がやり取りしている間にすでに20ドルを渡してしまっていたB君

そこにA君をせびっていた黒人が参戦。

計三人の黒人からB君はお金をせびられる羽目に。

ただ、その時点で本当にドル札を持っていなかったB君は、

もっていないということを示すために財布の中身を全部見せたのです。

すると、中から見える日本円の5000円札。

黒人の一人が

「これくれねえ?」

B君が

「それはちょっと、、、」

というと黒人3人はあきらめて去っていきました。

この出来事の間、私含め残りのメンバーは、、、

すみません、恐くて助けに入ることはできませんでした。

助けに入りたいのですが、体格差がありすぎるのです。

入っても戦力にはならず、同じようにカモられる未来が見えました。

だからせめて、後々の笑い話となるように写真だけは撮ったのです。

その後のA君とB君は

ここがこの話の面白かったところで、

A君とB君でこの出来事のとらえ方が対極だったんです。

A君は

「なんで握手なんてしてしまったんだろう、俺のバカ」

と数日間ネガティブに引きずったのに対して、

B君は

「よい人生経験になった」

とすぐに切り替えてポジティブにとらえていました。

人って面白いなと思わせてくれましたね。

タメになったね

今日は友人二人が黒人にお金をせびられたお話をしました。

やはりアメリカ人とかからすると、日本人って小さいし貧弱なのでカモりやすいんでしょうね。

ただ、アメリカ自体はものすごくよい国で行ってよかった国No.1ですね。

こういった詐欺には気を付けつつ、ぜひアメリカに行ってみてはいかがでしょうか?

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました