今後コンタクトをつけることはできるの?病院にて今後の複視治療について相談してきました。【複視治療#4】

複視

こんにちは、ごっちゃんです。

今日はプリズム眼鏡の今後の治療についてお医者さんと決めてきたのでそのお話をしようと思います。

もし今後治療を行うという方がいらっしゃったら参考にしていただければ幸いです。

また、今回は#4ということで過去記事も下に載せるので気になった方はそちらもご覧ください。

これまでの経緯

私は複視という目の病気を患っています。

複視とは対象物が二重に見えてしまうという病気です。

両目で同じ対象物を見られないってことですね。

そこで私は複視を矯正するためにプリズム眼鏡という特殊なレンズをはめ込んだ眼鏡を作成しました。

そして今日がプリズム眼鏡作成から3週間たって、

病院で今後の治療の方針を決めてきたという感じです。

プリズム眼鏡作成から3週間たって病院へ

まずは視力検査と眼鏡の検査

言ったらまずは視力検査からでした。

皆さんが想像する普通の視力検査です。

視力検査が終わったら作成した眼鏡を持ってかれて処方箋通り正しく作られているか眼鏡を検査します。

ごっちゃん
ごっちゃん

処方箋通り正しく作成できていたようで安心したよ!

かなり安く済んでるからZoffさんには悪いけど心配だったんだ。

軽く斜視の検査

お医者さんと、

医「両眼視の時にずれている感じがしますか?」

私「そうですね、少しずれている感じがします。」

というような会話をしながら斜視の検査に。

そしてここで登場、プリズムレンズ。

私の眼鏡にプラスでプリズムを入れてみて両眼視出来るかを確認。

現在の眼鏡では少しプリズムの強さが足りないことが判明

実はプリズムの度をもう一段階上げた方が私の眼にはちょうど良いことが判明。

以前の処方箋では、仕事中に近いものを見ることが多いために一段階下げたものを処方してくれたようです。

なぜお医者さんがそうしたかというと、

プリズム眼鏡を掛けた際に、近いものを見るには裸眼時より多めに寄り眼しなければならないんです。

そのため逆にそこで疲れてしまうから一段階下げたとのことでした。

ごっちゃん
ごっちゃん

僕は裸眼時でも近いものを見る時はきちんと両眼視出来るんだ。

遠いものが両眼視出来ないんだよね。。。

今後の複視治療の方針

そして診察で担当医の方と今後の複視治療の方針についてお話ししました。

プリズムの度を上げるという手もあったのですが、いったんこのままで様子を見ることに

次は12月に病院が予定されていますが、

それまでにどうしても気になるようだったら一度病院に来てほしいとのことでした。

ごっちゃん
ごっちゃん

ちなみに視力検査の結果は両目とも1.0出ているとのことだったよ。

乱視が入っているから普通の1.0より見えにくい気がするけどね。

今後コンタクトをつけることはできるの?

診察時に一つ気になっていたことを先生にぶつけました。

「今後コンタクトをつけることはできるのでしょうか?」

厳しいですね、コンタクトで矯正を行うことはできないので

とのことでした。

ごっちゃん
ごっちゃん

実は以前はコンタクト着用時なら夕方頃に筋肉がほぐれて遠くのものでも両眼視出来るようになっていました。

ただもうプリズム眼鏡に慣れてしまったので裸眼で両眼視出来るだけの筋肉はないため、コンタクトをつけても両眼視はできないでしょうね。

まとめ

今回は「今後の複視治療について」お話しさせていただきました。

今のところあまり不自由はしていないのですが、

やはりかなり遠くで小さいものは二つに見えてしまいます

今後度を上げるかじっくり考えようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました