CPUマイニングはするべき?利益計算して検証してみた。

IT紹介

こんにちは、ごっちゃんです。

最近マイニングを始めた者です。NiceHashを使用しています。

その時の記事はこちら↓

NiceHashでは何も設定しなければ自動でCPU+GPU両刀でマイニングを行ってくれます。

しかしながら、CPUマイニングって効率的にどうなのか?

電気代の方が高く、損しているのではないか?

疑問に感じたため本記事にて検証しました。

消費電力の把握

私のマイニング環境

CPU:AMD Ryzen 5 1600X Six-Core Processor
GPU:EVGA GeForce RTX 2070

まずは消費電力の把握から行います。

使用するソフトは「HWMonitor」です。

導入や使い方の説明はこちらの記事からどうぞ↓

マイニングしていないときの消費電力。

19.25Wですね。

マイニングしているときの消費電力。

58.33Wですね。

つまりマイニング時としていないときでは、

マイニングしているときの方が39.08W消費電力が高いという結果になりました。

電気代の計算

この消費電力の差分から電気代の差分を求めることが可能です。

電気代の差分[円]=39.08[W]×720[h]×0.026[円/Wh]=約732[円]

つまりマイニング時にはマイニングしていないときより732円余分に電気代がかかるということです。

マイニングの収益

さて、次にCPUマイニングを行った際のマイニング収益を考えます。

NiceHashを開いて、タブからBenchmarkを選択します。

するとこんな画面が表示されます。

さらに、CPUの枠の一番右にある「>」を押します。

するとこんな画面に。

展開された項目の「BTC/24H」の欄にある数字を読み取ってください。

この数値の意味するところは、24時間マイニングを続けたときに得られるビットコインを示しています。

私の場合は0.00000153ですので、24時間マイニングを続けると0.00000153ビットコイン手に入るということです。

さて、次にこの数値を用いて1か月あたりに得られるビットコインを出しましょう。

まずはGoogle検索で「ビットコイン チャート」と検索します。すると、

こんな感じで現在のビットコインの価格が表示されます。

この値を計算に用いれば、

1か月あたり得られるビットコイン[btc]=0.00000153[btc/日]×6348379.89[円/btc]×30[日]=約293[円]

つまり、1ヶ月間毎日24時間フル稼働でCPUマイニングさせると293円収益が発生するということです。

検証結果

CPUマイニングによる収益:293円
マイニングを行うことによる電気代:732円

つまり1ヵ月毎日24時間CPUマイニングをすることによって得られる利益は、

-439円!!!!!

今すぐにCPUマイニングをやめましょう。

CPUマイニングの止め方

NiceHashを起動し、「Devices」タブを開いてください。

開いたら、CPUの欄のオレンジ色のスイッチをクリックします。

すると、このようにグレーになりCPUマイニングの無効化が完了します。

まとめ

CPUマイニングはやめた方が良いとの結論に至りました。

ただし、あくまでもこれは私の環境の話ですので、皆様には当てはまらない可能性もあります。

とはいっても、CPUマイニングはPCの動作不良につながる場合も多く、あまりお勧めできないというのも現状です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました